浮気、不倫の心理(3)/浮気、不倫を引き起こす根本原因

イメージ

浮気・不倫をする男性の多くが心が不安定

実際の現場でみる浮気・不倫をしてしまった男性の多くが、イライラし、怒りっぽく、必要以上に仕事に没頭し、毎日お酒を飲みまくったり、暴飲暴食や無謀運転、または暇さえあればパチンコをしています。

手短な手段でストレスを解消しようとする男性

一般に、女性は悩みができると信頼できる人と悩みを共有しようとするのに対し、男性は悩みを一人で抱え込み、手短な手段で解決しようとする傾向にあります。

男性は『男は強くあるべき』と言われ育っているせいで、悩みができてもそれを人に話すことに強い抵抗を感じています。泣きじゃくったり、うじうじと悩むことが男らしくないと思いこんでいるのです。

仕事でミスをした。上司に怒られた。ゴルフでミスを連発した。株取引で大損した。
このような出来事が起こり、イライラしたりストレスがたまった時に、男性のほうがお酒を飲んだり、スポーツで発散したり、ギャンブルやパチンコに繰り出すことが女性より多いのはそのためです。

こうしたストレスに対する対処法は、確かに軽いストレスの時には効果はあります。しかし、こうしたストレス以上の苦しみが襲ってきた場合にはどうなるでしょうか。

居場所を見失い、心の傷を負った男性のとる行動=浮気・不倫

ストレス以上の苦しみとは、心の傷です。

心の傷とは、自分の居場所を失い、愛を失ったと感じた時に引き起こされるものです。

私達は皆、自分の居場所というものを必要としています。それが家庭であったり、仕事場であったり、また趣味の仲間のサークルであったりもするでしょう。ただひとつ言えることは、人間は自分の居場所を見失った時、心が不安定になってしまうということです。

私達は、自分の居場所に帰った時、迎え入れてくれる人や、自分を必要としている人がいれば、人生の意味と目的を感じることができます。私達が最高の幸せを 感じるのは、自分を大切な存在だと思ってくれる人や、自分の弱さまで受けいれてくれる人や、自分の成功を喜んでくれる人がいるときなのです。

男性はストレスがたまった時に、手短な手段で問題を解決しようとしますが、心に傷を負った場合でも同じような手段で解決できると考えてしまう傾向があります。つまり、男性は、居場所を無くし、愛を失ったと感じた時でも、アルコールやパチンコ、スポーツ、仕事に没頭することで解決できると考えてしまうのです。

しかし、いくらお酒を飲んでも、心の傷は癒すことはできません。仕事に没頭しても、その間は心の痛みを忘れることができても、問題の根本的な解決になることはありません。

悩み苦しみ、手短な手段で問題を解決しようとし、そして心の傷を癒すことができない時、最終的に、男性は『愛を失ったことが問題なら、また愛を見つければ問題が解決する』と短絡的に考えてしまいます。そして、その結果が浮気、不倫となります。

心の傷はひとりでは癒せない

残念ながら、浮気・不倫をしてしまう人の多くが、心の傷を癒す方法を知らない人、またはできない人です。

心の傷を癒すためには、私達はまず救いを求めなければなりません。痛みを隠したり、忘れようとしないで、苦しみを理解してくれる人と会ったり、話し合ったりする必要があります。

次に、救いが見つかれば、今度は十分に悲観にくれなければなりません。泣きたい時は思いきり泣いてもいいのです。悲しみにどっぷりとつかっても良いのです。

男性は女性以上に、こうした心の癒しのステップを理解することができておりません。しかし、愛を失った時にブルーになったり落ち込んだりしてしまうのは、実は男女とも一緒であることに、私達は気づく必要があると感じます。