苦しみを受け容れよう

イメージ

つらい時は、無理に忘れようとしないで
苦しみを受け容れてあげよう。

悲しみを止めようとしても
苦しみを押さえこもうとしても
それだけでは心の痛みは取り除くことはできないものだから
今は時間を取って、深く悲しむのを自分に許してあげよう。

しばらくは心が痛むかもしれないけど
それが終われば、あなたはきっと楽になれるから。
それが終われば、きっと乗り越えられるから

傷つくことは悪いことだと思わないで
傷ついた心を洗い流したあとは
心が満たされなかった時のあなたと別れることだってできる。

いつか、あの時の苦しみは
「このままではいけないよ」という
内からのメッセージだったと気づくと思う。

武石晃一