ブログ

ブログ一覧

自信がなくなってしまったら思い出そう

自信がなくなってしまったら思い出そう。
あの時の元気をもらっていた自分を。

子どもはママが好き。
ママのいいところもわるいところも含めてママが好き。
ママもたまにはイライラして
子どもを叩いてしまったこともあるかもしれないけど
それでも子どもはいじらしいほどママが好き。
子どもはありのままのあなたが好きなんだ。

自信がなかった母親でも子育てを通じて元気になれる。
それはいいところも悪いところも含めて
ありのままのあなたを子どもが受け入れてくれたから。

ありのままの自分を受け入れてもらえた人は元気になれる。
自分を必要だって思ってもらえた人は強くなれる。
自分を大切だと思ってもらえた人は優しくなれる。

自分を嫌いになってしまったら思い出そう。
自分を必要としている人がすぐ側にいることを。
ありのままの自分を好きでいてくれる人が側にいることを。

武石晃一

我慢しても感謝されることはない

   

我慢しても感謝されることはない。
あなたが我慢をして相手は変わってくれただろうか。
あなたが我慢をして前より状況が良くなっただろうか。

もし彼があなたから見捨てられないように
あなたが我慢して彼の側についているのなら
今、あなたはあなた自身を見捨てているかもしれない。

もう我慢することはないんだよ。
自分を見捨てることはないんだよ。

怒ったっていいじゃない。
怒ってしまう自分を責めないで。
怒ってしまう自分を嫌にならないで。

怒りは悪い事でも良い事でもない。
怒りは人間がもつ感情の一部にすぎないんだから。
誰だって怒ることはあるんだから。

さあこれからは、相手を痛めつけるために怒るのではなく
自分自身を守るために怒ろう。

そして、あなたが怒ったことで裁かれる場所にとどまるのではなく
あなたが怒ったことを受け入れてくれる場所を探してみようよ。

武石晃一

やさしくすることに疲れたら

どんなに尽くしてもわかってもらえない。
耐えても耐えてもうまくいかない。
そんな時って本当につらいよね。

あなたはとてもやさしいひと。
人にやさしくすることはとてもいいこと。
あなたは本当に素敵な人だと思う。

でもやさしくすることに疲れたらやめてもいいんだよ。
自分を犠牲にしてまで人にやさしくすることはない。
今は自分にやさしくしてあげようよ。

自分にやさしくできる人が
初めて人にもやさしくしてあげることができるんだから。
だからいいんだよ。
自分が疲れたらまず自分を大切にしてあげよう。

もう我慢しないでいいんだよ。
疲れてしまったらゆっくり休もう。
そして苦しくなったら周りに助けを求めよう。

武石晃一

努力すること

やれるだけやってみよう。
それは夫のため、子どものため、家族のためでもあるけど
なによりも自分のためなんだ。

結果をおそれないで。
大切なのは結果ではなく努力することだよ。

人生でうまくいかないことがあったっていいじゃない。
落ち込んで自分を嫌いになってしまうことがあったっていいじゃない。
大切なことはそれを克服するために努力すること。
努力することが人間にとって一番価値のあることなんだから。

努力したら思いきり自分を誉めてあげよう。
そして努力している自分を誇りに思おうよ。

もし、うまくいかなくて落ちこんでしまったら
あなたの内なる心の声を聞いてみて。

あなたの内なる心の声は伝えているよ。
「あなたはこんな小さなことで満足するような人ではないよ」って。

努力しても目の前にあることがうまくいかない時は、
もっともっと素晴らしいことが未来で待っているだけなんだ。

さあ、希望をもって。
努力したあなたが最終的に叶えられることは
もっともっと素敵なことなんだから。

武石晃一

幸せの道

幸せの道は一本だけじゃないよ。
本当は何本にも分かれているんだ。

パートナーが戻ってくれれば、私は幸せ。
パートナーと別れてしまえば、私の人生は終わり。
もし、そう考えているのであれば、
それは、幸せの道は一本だけしかないと思っているだけ。

上手くいったら素晴らしく、
上手くいかなかったらダメだって考えることはない。

上手くいかなかったら、その道を引き返して
今度は、他の幸せの道を歩んでいけばいいだけなんだから。

あなたが今悩んでいるのは
きっと他にも幸せの道があることを知らなかっただけかもしれないね。

でも、ゆっくりと考えてみてごらん。
かならず、他にも幸せの道があることに気がつくはずだから。

武石晃一