ブログ

ブログ一覧

苦しみを受け容れよう

つらい時は、無理に忘れようとしないで
苦しみを受け容れてあげよう。

悲しみを止めようとしても
苦しみを押さえこもうとしても
それだけでは心の痛みは取り除くことはできないものだから
今は時間を取って、深く悲しむのを自分に許してあげよう。

しばらくは心が痛むかもしれないけど
それが終われば、あなたはきっと楽になれるから。
それが終われば、きっと乗り越えられるから

傷つくことは悪いことだと思わないで
傷ついた心を洗い流したあとは
心が満たされなかった時のあなたと別れることだってできる。

いつか、あの時の苦しみは
「このままではいけないよ」という
内からのメッセージだったと気づくと思う。

武石晃一

やり直すということ

浮気をされるということは
ジェットコースターに乗っていて事故にあってしまうようなものです。
事故にあって、助かったとしても、そして体の傷がようやく治ったとしても
その人の心の中には深い深い傷が残ってしまうのです。

もう怖くてジェットコースターに乗れない。
電車にも乗れない。
バスにもタクシーにも乗れない。
会社にもいけない。
そうなってしまっても仕方がありません。
深い心の傷がそうさせてしまうのです。

浮気をされて、やり直そうとすることは、
事故にあってしまった後で、
またそのジェットコースターに乗るようなものです。
誰でもできることではありません。
誰だってとてもとても怖いのです。

それでも、その人はジェットコースターに乗ろうとするのです。
恐怖に打ち勝とうとする勇気と、
その人を信じようとする強い愛がなければ
とてもとてもできることではありません。

あなたは自分を弱い人間であると思わなくていいのです。
あなたは強い人であると、私は思います。

武石晃一

たまにはケンカをしてもいいんだよ

たまにはケンカをしてもいいんだよ。
夫婦だからといっていつも仲が良いとは限らない。
時にはお互いの意見が合わなかったりすることもあるよ。

お互いの悪いところを責め合ってしまって
後で落ち込んでしまうこともあるかもしれない。
でもそれはケンカのやり方が間違っていただけ。
これからはもっと上手なケンカのやり方を学べばいいだけ。

最初は上手くいかなくてもいいじゃない。
上手くいかなかったら次はどうしたら失敗しないようにすれば良いか
考えればいいだけなんだから。
失敗を乗り越えて人はより成長できるのだから。

良いケンカとは本音で話し合うことにより
お互いの弱さやいたらなさを認め合おうとするもの。
ケンカは相手の考えをより深く知るチャンスだと考えよう。
少しずつ上手なケンカができるようになるといいね。

もし夫婦のケンカを子どもが見てしまって
子どもが心配してしまったら
ニッコリ微笑んで、こう言って安心させてあげよう。

「ママとパパはもっと仲良くなるためにケンカしているんだよ。」

武石晃一

人を愛すること、行動を愛すること

その人を愛することと、その人の行動を愛することは違うよ。
その人を受けいれることと、その人の行動を受けいれることも違うよ。

どんなにその人を受けいれていても
その人の行動の全てまで受けいれる必要はないんだ。

その人を愛しているからといって
その人の悪い行動まで受けいれてしまったら
その人の悪い行動はますます助長されてしまうかもしれない。

人を愛することはとても誇らしいこと。
だからこそ、愛する人の悪い行動を受けいれてはいけない。
愛する人のあなたを傷つける行動を許してはいけないんだ。

あなたとその人がもっと自分自身を大切にするために
あなたとその人がもっと良好な関係を築けるために

その人を愛しているからこそ誇りをもって
その人のあなたを傷つける行動はやめてもらいたいと話してみよう。

武石晃一

自分のせいにしないで

相手の行動を自分のせいにしないで。
彼が冷たくなったのを自分のせいにしないで。
彼が浮気をしたのを自分のせいにしないで。
彼が虐待したのを自分のせいにしないで。

落ち着いて考えてみてごらん。
もしあなたが彼を浮気させることができるくらい
すごい能力を身につけているなら
彼を浮気させないこともできたじゃない。

人をコントロールできる人はいない。
あなたがどんなにしっかりしていても
あなたがどんなに素晴らしい人でも
相手が浮気をしたり冷たくなってしまうことだってあるんだから。
あなただけのせいではないんだ。
周りからあなたのせいだと言われたって全部自分のせいにしなくてもいいんだよ。

きっかけと原因は違う。
あなたの行動は単にきっかけにすぎなかったんだ。
本当の原因は相手の心の中にあるんだよ。

あなたの行動の責任と相手の行動の責任を分けてみよう。
そうすればもっとあなたは楽になれるから。

武石晃一