ブログ

ブログ一覧

愛情のサイクルから浮気原因を分析する

 

愛し合って結ばれた関係なのに、人はどうして浮気をするのでしょうか。

今回は「愛情のサイクル」という視点から、浮気の発生原因を説明します。

愛情のサイクル=愛情の激化、幻滅、円熟

「愛情のサイクル」は、愛情の激化、幻滅、円熟といった自然のサイクルに従って波打っていきます。

恋愛・結婚の初期段階では「ハネムーン期」といって何もかもがすべてバラ色で、相手のことが完璧に見えてしまいます。いわゆる「愛情の激化」です。

しかしハネムーン期は必ず終わりが訪れ、いつか相手に幻滅する時期がやってきます。マンネリ化したり、相手との関係がぎくしゃくしてくるのはまさにこの幻滅期にあたります。

この推移を理解していないと、いい時期が過ぎた後は永遠に不毛の時が続くと考えがちで、浮気に逃げ場を求めたり、引き込まれたりしやすくなります。

(さらに…)

自分と他人を比べないで

誰でも失敗をすると落ちこんでしまうけど
失敗したことも大切な経験だよ

本当に大切なことは
その経験から自分が何を学んだかということ
失敗を生かして、自分を成長させることだってできる

どうしても自信がもてないというのであれば
自分と他人を比べないでみてごらん

他人と比べてしまうと、必ず自分より上がいるために
いつまでも自信というものを得られないんだ

どうせ比べるのであれば自分自身と比べてみよう
過去の自分と今の自分を比べてみるんだ

10年前の自分、5年前の自分、今の自分・・・

つらいことも多かったかもしれないけど
つらい経験はあなたをより思いやりのある女性に変えている

前よりも成長している自分を抱きしめてあげてください

武石晃一

運命の人

運命の人は、あなたが寂しいときに
いつでも飛んで来てくれる人ではないよ
たとえ近くにいないときでも
あなたの心を安心で満たしてくれる人が運命の人

運命の人は、あなたの欠点を全部直してくれる人ではないよ
あなたにはそもそも欠点らしい欠点が
ほとんどないことを教えてくれる人が運命の人

運命の人は、あなたの人生をバラ色に変えてくれる人ではないよ
あなたの人生はあなたの力で
バラ色に変えることができることを教えてくれる人が運命の人

運命の人はスーパーマンでも魔法使いでもないよ
ちょっとたよりないところもあるけど
ありのままのあなたを一番大切に思ってくれる人
その人が、あなただけの運命の人

多くの人が運命の人を求めて外の世界で探しまわる
だけど、最後に気づくだろう
あなたの運命の人は、あなた自身の内にいることを

武石晃一

与えられることを悪いと思わないで

人は心が傷つくと、自分に自信を無くしてしまう

だから、自分から与えなければ、与えられるわけがないと思ってしまう
そして、何もしないのにいきなり与えられたら、どこかで悪い気がしてしまう

また、何度も傷つきすぎたのだから
これ以上人に助けを求めるのはやめようと思ってしまう
何でも一人でやってしまおうと、必要以上に自立しようとしてしまう

でも、本当はあなたは与えてもらいたいはず
本当はあなたは助けてもらいたいはず

それでいいんだよ
それで正しいんだ

与えられることを、悪いことだと思わないで
助けを求めることを、弱い人間のすることだと思わないで

与えられれば受け取り、人に助けを求めることは
あなたが、成熟して強い女性になっている証なんだから

心を開いて素直な気持ちに従ってみよう
多くの人が、あなたにたくさんの愛を与えたがっているよ

武石晃一

自分を変えたいあなたへ

自分を変えるってどういうことだろう

それは、別人になることではないんだ
自分を変えることということは、意識を変えることなんだ

ありのままの自分に価値があることに気がついて
ありのままの自分を好きになっていこう

あなたの好きなところはもっと好きになっていこう
そして、あなたの嫌いなところは、このままでいいんだよと思おう

もちろん、あなたの一部にどうしても好きになれないところがあって
それが人生に重大な悪影響をあたえるなら
それを変えようとするのは悪いことではないけど、
どうせ変えるなら、あなたにとって気持ちよくなることをやろう

なんとなく自分のここが嫌だなと思うくらいのところは
本当はあなたの個性であり、魅力なんだよ
後は、それをどう感じ、どう表現していくかなんだ

ありのままの自分を少しずつ愛していこう
あなたはそのままで素晴らしいんだから

武石晃一